短期間で腹筋を割りたいならお腹だけ鍛えてもダメ!!

お腹痩せ

お腹を凹ませ腹筋を割りたいと考えた時に、真っ先に行うのは腹筋エクササイズですよね。

しかし、ただひたすらお腹を鍛えるだけでは思いのほか腹筋を割ることは大変だと思います。

というのも見た目に割れた腹筋を作る為には、

・筋肉を大きくする

・体脂肪を減らす

の両面からアプローチしなければ実現しないからです。

 

現時点でお腹が出ている方であれば皮下脂肪の下に腹筋が隠れてしまっているので、
筋肉を鍛えるばかりではなかなか覆われた脂肪から
腹筋をアピールすることが出来ないということですね。

割れた腹筋を見せるためにはどうすれば良いのか?

もちろんお腹周りのエクササイズは必要ですし、
それ自体も脂肪燃焼効果は認められています。

前述したように筋肉を大きくするアプローチは絶対に必要です。

しかし短期間に腹筋を割りたいのであれば、
お腹以外のエクササイズも積極的に行った方が結果として早いのです。

 

つまり、全身の筋肉をバランス良く鍛えていくという事。

一見、これらは腹筋を割る事とは関係ないように思えますが、
全身の筋肉を鍛えることによって
基礎代謝やエネルギー消費量が増えるので効率的に体脂肪が落ちるからです。

ポイントは大きな筋肉を中心に鍛えること

主に胸や背中、脚などの比較的大きな筋肉から中心に鍛え始めて
腕や肩、ふくらはぎなどの小さめの筋肉も行うと効率的です。

基礎代謝量は筋肉の量に比例しますから、
最初に大きな筋肉を鍛えた方が脂肪燃焼効率が良いのです。

 

結果的に各部位の筋肉も大きくなってくるので、
男性であれば全身引き締まったカッコ良い体になることが出来るでしょう。

女性の場合は筋肉がついてゴツくなる事はまずありませんので心配無用。
むしろ脂肪が落ちてスレンダーなくびれボディになることが出来ます。

ぜひ腹筋トレーニングだけでなく、全身の筋トレにチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ