腹筋を割るには全身の筋肉を強化することが近道!!

腹筋割る

腹筋を割るというと殆どの人はお腹回りを鍛えるための

シットアップやクランチなどの腹筋トレーニングばかりに焦点を当てます。

しかし、実はそれは効率の悪い考え方というべきでしょう。

もちろん腹筋トレーニング自体には効果があります。
ですからそういったエクササイズもやるべきではあるのですが、

同時に全身の筋肉をバランスよく鍛えた方が腹筋は早く割れるのです。

 

というのも、いくらお腹回りの筋肉を鍛えたところで、
そのまわりにタップリとついている脂肪を落とさないと
クッキリと割れたラインが見えてこないからです。

腹筋運動自体の脂肪燃焼効果は多少はあると思いますが、
実際はそれだけで痩せるほどのものではありません。

それよりも脚や背中、胸などの大きな筋肉もバランスよく鍛えれば、
体の代謝機能がアップしますので、自然と脂肪燃焼しやすい体になります。

それに、特に男性であれば、腹筋以外にも肩や胸などを鍛えてあげた方が、
男らしくたくましいカッコいい体を作ることが出来ます。

 

それから、ジョギングやウォーキングをはじめとする有酸素運動も行えば、
さらに効率よく腹筋割りを実現できるでしょう。

筋トレでは直接脂肪を燃やすことは出来ませんが、
有酸素運動はダイレクトに脂肪燃焼に効果があります。

しかし注意しなければならないのは、筋肉を鍛えておかないと
有酸素運動だけでは痩せても腹筋は割れないということ。

その点さえ意識していれば、ジョギングなどもかなり有効となるので
取り入れてみると良いですね。

とにかくポイントとなるのは、お腹回りを鍛えると同時に
体脂肪を減らすということを意識しなければならないのです。

 

ですから当然、食事にも気をつけることは言うまでもありませんよね。

いくら腹筋を鍛えてもそれ以上にカロリーを摂取して
お腹回りに脂肪を蓄えてしまえば、
いつまでたっても6パックのかっこいいラインは見えてこないのです。

食べ物だけでなく飲み物もカロリーが高く太りやすいものが多いので
気をつけるようにしましょう。

スポーツドリンクの飲みすぎなども太る原因になるので、
運動中は飲んでも構いませんが、
それ以外はできるだけ水かお茶などカロリーがないものを
飲むようにした方が無難です。

 

さて、腹筋を割るためのプロセスをまとめると、

第一に全身の筋肉をバランス良く鍛えて脂肪燃焼体質に変える。

第二に有酸素運動でさらに脂肪を燃やす。

最後に食事で摂取カロリーを控えて太らないように徹底する。

この3つを徹底して継続していけば
間違いなくお腹は凹んでいきますし、腹筋を割るのも夢ではありません。

 

それに加えてプロテインなどを活用すると、かなり早く腹筋が割れるようになってきます。
こちらを参考にして、ぜひ質の良いものを選んでみてください。

プロテインおすすめ!激安比較!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ